2014年9月1日月曜日

8月の Homebrew Robotics Club

7月の様子は英語ブログの方に。
http://fumiopen.blogspot.com/2014/08/homebrew-robotics-club.html

8月の Homebrew Robotics Club は tabletop challenge あり、ロボットのダンスパーティありと色々楽しかったです。白髪の混じった年輩の方から、9歳とか小学生とかの子供、そしてもちろん現役バリバリのロボット製作者の方まで色々な人が混じってて面白い。

会場内にはみんなの「自作ロボット」がずらり。



ロボットダンスがあるからか、ガイコツの人が多め。























ロボットダンスの様子はこちら。BGM はもちろん Styx の Mr.Roboto!

ちょっと激しめ。



激しくない時。



こちらが Tabletop Challenge の様子。

あ、ちなみに Tabletop Challenge のルールはこちら。

http://robogames.net/rules/tablebot.php

Phase I: Build a robot that goes from one end of a table to the other and back.
Phase II: Have the robot push a block off the ledge of the table.
Phase III: Have the robot push the block into a shoebox mounted at the end of the table.

みんなどのフェーズかを宣言してからデモします。

こちらのロボットが右の四角いブロックを発見し、左のゴールにブロックを入れます。



この女の子が作ったロボット。



右のボールを検知して、それを持ち上げて、抱えて、箱の中に入れます。朝までは動いていたらしいのですが、持ってくるときに故障してしまった。。。



こちらのロボットは机の上の缶を検知して、それをテーブルの下に落とす。このロボットも(写真には写っていませんが)小さな娘さんと一緒に作ったそうです。







ロボットごとテーブルから落ちてしまわないかとみんながヒヤヒヤ。。。(^^;;;



タッパウェアを検知。



サソリ型ロボット。



こんな小さな男の子もロボット作ってる。

201408 Homebrew Robotics

201408 Homebrew Robotics

この子も小さい。親子でロボット制作、いいですねえ。

201408 Homebrew Robotics

201408 Homebrew Robotics





201408 Homebrew Robotics

201408 Homebrew Robotics

テーブルトップ以外のロボットも続々。

前回も来てた自立型ロボットのその後。動きをその場でマシンラーニングさせてる!最初は動きを全然知らないのでイモムシみたい。。。

201408 Homebrew Robotics

彼女はゲームクリエイターで、Raspberry を使って作ったロボットを Twitch と連動させ、オンラインからこのロボットを誰でも動かせるようにしてみた。

201408 Homebrew Robotics

201408 Homebrew Robotics

201408 Homebrew Robotics

201408 Homebrew Robotics

このロボットは会場中をずっと 3D モデリングしてた。

201408 Homebrew Robotics

201408 Homebrew Robotics

これらのロボットはずっと自走しているのでロボットとロボットがこんにちはしている。

201408 Homebrew Robotics

床に置いてあった自分が配信されているサイトが開かれている配信パソコンと配信されているロボットがぶつかり合ったシュールな瞬間。

201408 Homebrew Robotics

Disclaimer このブログは山崎富美の個人的なものです。ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の雇用者には一切の関係はありません。

2014年8月31日日曜日

3D モデルのあれこれ

ゼンリンの提供で秋葉原の 3D モデルが CC-BY ライセンスで公開されたとのことで、久々に Unity を立ち上げてみた。

アセットはこちらからダウンロードできる。
http://www.zenrin.co.jp/product/service/3d/asset/


紹介動画。



サンプルを立ち上げてみる。


おお、色々先に設定されている。


あ、いたいた。クエリちゃんも最初から入ってる。
ちなみにクエリちゃんも CC-BY ライセンスです。


うーん、以前ステージを作ったりモデルを入れたりするのに苦労したのが嘘のように全部お膳立てされてるなあ。素晴らし。

一方、アメリカではホワイトハウスから省庁に科学関連アセットの公開の指令が出ており、その中には  3D モデルも含まれています。

MEMORANDUM FOR THE HEADS OF EXECUTIVE DEPARTMENTS AND AGENCIES
Improving the Management of and Access to Scientific Collections
http://www.whitehouse.gov/sites/default/files/microsites/ostp/ostp_memo_scientific_collections_march_2014.pdf

When available and where not limited by law, make freely and easily accessible to the public all digital files in the highest available fidelity and resolution, including, but not limited to, photographs, videos, and digital 3D models, and associated records and documentation, describing or characterizing objects in government-managed scientific collections
その結果がこちら。

スミソニアンの 3D モデルのサイト
http://3d.si.edu/


米国国立衛生研究所の 3D モデルのサイト
http://3dprint.nih.gov/



NASA の 3D resource のサイト
http://nasa3d.arc.nasa.gov/


Makezine: The Scramble To Build Thingiverse.gov is On!
http://makezine.com/2014/08/04/the-scramble-to-build-thingiverse-gov-is-on/

そしてイギリスでは英国地質調査所が Minecraft 用に地形図や土壌に関する資料を利用して作成した 3D モデルを公開。イギリス(グレートブリテン島)と周辺の島々の地形だけでなく、地下の岩石や堆積物まで徹底的に再現されています。

GB geology with Minecraft 
http://www.bgs.ac.uk/minecraft/#/6875/64/17658/max/0/0


IT Media: 英国地質調査所がイギリス・グレートブリテン島全土を「Minecraft」で再現 地中まで完全再現しちゃう本気っぷり!

なんだかお国柄だなあ。。。

ところで初音ミク 3D モデリングコンテストの結果が出たようで。

http://delmo.jp/miku_contest_finish

最優秀賞はこの2つ。

「ティラミス! 1/7」
CC-BY-NC-SA by takumaさん
これプリントするのはしんどそうだなあ。。。。

http://delmo.jp/modelings/detail?id=851


「鏡音リン TRANCE MIX」
CC-BY-NC-SA by ramunikuさん

これは一個のオブジェクトでプリントして色塗るのか。




最優秀のやつより、優秀賞のこっちの方がうまく作れそうな予感。

アペンドミク
CC-BY-NC-SA by みやびーさん

左ステージ&スピーカー http://delmo.jp/modelings/detail?id=772
右ステージ&スピーカー http://delmo.jp/modelings/detail?id=773
中央・下部のスピーカーとマイク http://delmo.jp/modelings/detail?id=774
体の左側 http://delmo.jp/modelings/detail?id=775
体の左側以外 http://delmo.jp/modelings/detail?id=776

うーん、せっかく分割するなら filament の色別に分割してくれた方がありがたいなあと思うのは私だけだろうか。このままだとツインテールと肌の色が同色。色塗りが前提かあ。


下記は Delmo の運営の方が投稿している作品。「サポート材なしでも大丈夫なのが売り」のようです。最初はこれがよさげかな。

[DELMO×初音ミク 特別企画] ヴィネット
CC-BY-NC-SA by DELMO(運営アカウント)作

http://delmo.jp/modelings/detail?id=780



久々に Thingiverse に行ってみたら、こっちにも CC ライセンスでシェアされている初音ミクのモデルがいくつかありますね。またちょっと作ってみるかなあー。

http://www.thingiverse.com/thing:72980/#files
Pillared Miku by graphicsforge is licensed under the Creative Commons - Attribution license.



http://www.thingiverse.com/thing:32097
It's Miku! by teamtestbot is licensed under the Attribution - Non-Commercial - Share Alike license.



追記:
アイスランドの地震の 3D visualization
http://hraun.vedur.is/ja/quakes3d/


Disclaimer このブログは山崎富美の個人的なものです。ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の雇用者には一切の関係はありません。

2014年8月29日金曜日

Are you happy?

この画像をコードで書いてみそとのメールが届いた。


まあ yes でも no でもないこと書く人いそうだなあと思ってこう。


大文字小文字混じってたら?あー。。。.lowerか。
最初からyes/no指定ね、そうねそうね。。。
whileで回すですか、そうですか。。。
というわけで送られてきた回答はこちら。


あれ、でもこれだと「幸せじゃない」で「幸せになりたい」な人は「幸せですか」に戻っちゃうんだけどな。幸せになれるまでは自分が幸せか問い続けろってことか。。。

Disclaimer このブログは山崎富美の個人的なものです。ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の雇用者には一切の関係はありません。

2014年8月4日月曜日

Apollo 11 Splashdown 45 に行ってきた #Apollo45

先日、アポロ 11 号の地球帰還 45 周年を祝う SPLASHDOWN 45 というイベントに参加してきました。地球人で初めて月に降り立った二人のうちの一人、Buzz Aldrin 宇宙飛行士も参加ということで wktk!


そもそもなぜ USS Hornet でこのイベントが開催されたのかというと、USS Hornet はアポロ11号と12号の飛行士達が地球に帰ってきたときに、彼らを引き上げ、検疫のために隔離していた場所でもあるのでした。

USS Hornet Museum USS Hornet Museum

船の中は非常に広く、ブースはあるわ、飛行機はあるわ。

USS Hornet Museum

NASAのブース!

USS Hornet Museum

USS Hornet Museum

Capsule CM 011-A

USS Hornet Museum USS Hornet Museum USS Hornet USS Hornet

浮きをつけてる。

USS Hornet USS Hornet

そこから、こうしたヘリに引き上げる。この網に人が乗ります。(海に落ちてしまう人が出たので、今ではこの網は使っていないらしい。アポロ 11 号の時は直接ボートに乗せたらしい。)

USS Hornet Museum USS Hornet

アポロ 11 号と USS Hornet の経緯はこちら:
http://www.uss-hornet.org/history/apollo/

そしてこの mobile quarantine facility という USS Hornet 内に置かれた隔離施設に入りました。

USS Hornet Museum

USS Hornet

その時の足あと :)

USS Hornet

Mobile Quarantine Facility の中にも入ってみました。

USS Hornet Museum

USS Hornet Museum USS Hornet Museum USS Hornet Museum

アポロ 11 号の 3 人の肖像画。

USS Hornet

この写真はアポロ 12 号の時のもの。

USS Hornet

アポロ 11 号の誘導用コンピューターと iPhone の性能差。。。。

USS Hornet

アポロ 12 号のお祝いケーキ。。。

USS Hornet

月の石!

USS Hornet

さて、お待ちかね Buzz Aldrin さんの講演です。記念動画!



私、前から5列目のいい席を確保したんだけどズームレンズをもっていないので遠い。。。

USS Hornet USS Hornet

というわけでこちらの写真は一緒に行った写真クラブの Ron Elkind さんの写真を引用。すごい。どこに座ってたんだろう??



ちなみに後ろはこんな感じ。こんなに人が。。。!

USS Hornet

当時は大統領からムチャぶりされたけど、頑張って実現したアポロ計画。できるからやるんじゃない。難しいからイノベーションを起こして実現するんだ。今、Buzz さんは火星に人を送るべきだということで活動をしています。

USS Hornet

「世界で最初に宇宙で selfie 撮ったなんて言ってる宇宙飛行士がいたけど、あれは違う。1966 年に俺が最初に撮ったんだ!」と語り、これは Buzz さんの公式 Twitter でツイートもしてるw



あと、この写真。「素晴らしい構図なのですが、コツは?」と聞かれたら答えるのは「コツは3つあります。Location, location, location...」とのこと。

USS Hornet

USS Hornet

このフロアには船内にたくさんの飛行機がありました。

USS Hornet Museum USS Hornet Museum USS Hornet Museum USS Hornet USS Hornet USS Hornet

更に上に登ると、甲板へ。広い!!!

USS Hornet USS Hornet USS Hornet

戦争中はこの甲板におびただしい数の戦闘機が載っていたのですね。

USS Hornet

色々な飛行機が展示されています。

USS Hornet USS Hornet USS Hornet USS Hornet USS Hornet USS Hornet USS Hornet USS Hornet USS Hornet USS Hornet USS Hornet USS Hornet USS Hornet USS Hornet USS Hornet

ブリッジにも登ってみます。

USS Hornet USS Hornet USS Hornet USS Hornet USS Hornet USS Hornet USS Hornet USS Hornet

USS Hornet USS Hornet USS Hornet

窓から見下ろせば、さっきまでいた甲板が見えます。

USS Hornet

船長さんの部屋。

USS Hornet USS Hornet USS Hornet

さて、今度は下の階に降りてみます。このあたりは病院区間。

USS Hornet USS Hornet USS Hornet USS Hornet USS Hornet USS Hornet

船内郵便局。

USS Hornet

魚雷室。

USS Hornet USS Hornet USS Hornet USS Hornet

ちょっとびびるのが魚雷室の真横がベッドルームなこと。あの奥に見えているドア、あの先に魚雷があります。

USS Hornet

なお、USS Hornet は 1940 年から 1943 年にかけて建造された船なので、第二次世界大戦では現役で戦っています。。。なので、日本の船や戦闘機をどれだけ落としたかのこんなチャートが掲示されていました。。

USS Hornet Museum

やはり戦艦大和は別格扱いですね。

USS Hornet Museum

下の階に降りると、第二次世界大戦についての展示がたくさん行われています。元々ベッドはこんな感じだったのですが

USS Hornet

それらを再利用して展示されています。

USS Hornet

真珠湾攻撃。

USS Hornet

日本のパイロットが使っていたマスク。

USS Hornet

軍艦日向の帽子。

USS Hornet

神風特別攻撃隊の進路。

USS Hornet

1945 年の呉。

USS Hornet

占領時代の貨幣、ペソ。

USS Hornet

日本の降伏、ポツダム宣言受諾。

USS Hornet USS Hornet

PWは prisoner of war ですね、捕虜が助けを求めています。

USS Hornet

1953年の佐世保。

USS Hornet

日系二世の方々についての特別展示もありました。

USS Hornet USS Hornet USS Hornet USS Hornet

Disclaimer このブログは山崎富美の個人的なものです。ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の雇用者には一切の関係はありません。